[OTBブログ]『迷いと決断 ソニーと格闘した10年の記録』 出井伸之

『迷いと決断 ソニーと格闘した10年の記録』 出井 伸之

「迷いと決断-ソニーと格闘した10年の記録-」出井伸之


個人的には、ソニーの元CEOの出井氏は、今までとは違う方向性の「ソニーらしさ」をソニーに付け加えたというイメージである。

出井氏のソニーCEO時代の苦悩が数多く描かれているのであるが、ソニーを去った出井氏がいまさらCEO時代のことを書くことに迷いがあったようだ。しかしこの10年もソニーにとって大きな10年であることは間違いない。
VAIOが今10周年を迎えているが、VAIOも出井時代の代表的な産物なのである。今でこそ、VAIOというブランド力があるが、VAIO開発前にソニーはアップル買収を検討していた時期があったようだ。このM&Aが成功していれば、PCのみならず、日常にあふれる音楽は全てソニーになっていたかもしれない。

また出井氏の特徴的な考え方の1つである、「かける」という発想。ソニーは様々な製品・サービスを抱えた巨大企業体である。そのグループでシナジーを出していくとき、ただ足し算をするのではなく、掛け算をすることで、2倍3倍の効果が得られるという考え方であるが、提唱はすれど、実際に目に見えて現れた部分はなかったかに思う(短期的ではなく長期的に出てくるものなのかもしれないが)。せっかくEVA(経済付加価値)を導入しているのに、出井時代にはその効果を活かしきれなかった感が強い。

しかしソニーという、自由闊達を掲げている企業にとっては、変革や新しいことへの挑戦は、日常茶飯事であるイメージ(ソニーなら何かおもしろいものを作ってくれるんじゃないかという期待)が強いが、ソニーもやはり人の集合体の企業であり、またそれを統治するCEOには並々ならぬ様々な能力(バランス)が求めれるということが、出井氏の苦悩からよく伝わった1冊であった。

コメント


※コメントは承認後に掲載されます。少しお待ちください。
ご連絡がありましたらGmailまでお願いします →  連絡はコチラ

トラックバック

http://otb.dtiblog.com/tb.php/5-163c40f9

« [OTBブログ]ソニーVAIO、10周年記念モデル発売  | HOME |  [OTBブログ]auとsoftbank 2007夏モデル発表 »

PAGE TOP ▲

OTBブログ

北村 孝之

Author:北村 孝之

アチラ側とコチラ側を橋渡し。
いろんなところに橋を架け、その橋渡し役という意味でOn The Bridge。
そんな橋架け屋が書き綴るメモ代わりブログ。

将来はビジョナリーカンパニーを創るのが夢。


Recent Entry

RSS表示パーツ

Search

Calender

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

OTBメモ* by tumblr

RSS表示パーツ

連絡はコチラ

OTBブログ Twitter


ememo

HIGEGRAPH


あわせて読みたいブログパーツ

梅酒in


wright bord

PR

/




OTB