[OTBブログ]Yahoo!BB 光 with フレッツが全国展開開始してた件

トライアル的に展開してたYahoo!BB 光 with フレッツが、いつの間にかガッツリ全国展開してた!

Yahoo!BB 光 with フレッツ


ちょっと前に実験的にYahoo!BB 光 with フレッツやってるよってブログ書いたんですが、

[OTBブログ]Yahoo! BB withフレッツとソフトバンク(2009-01-14)


その頃は、まだ「Y!BB光の電話加入権不要タイプ」もサイトに載ってたんですよね。
もうそれも今となっては載ってないわけで…サービス設計に携わった者としては少し寂しいですね。。

Yahoo!BB 光 with フレッツ

まぁ止まっていない、負け続けないってとこはソフトバンクらしいとは思いますが。


いつも通りの2か月無料キャンペーンを実施中。
春の引越しシーズンは稼ぎ時なので、それに気合いで間に合わせたのかな?!

Yahoo!BB 光 with フレッツ

↑こっちはソフトバンクBBのサイトの方のキャンペーンページ。

続きを読む »

[OTBブログ]Yahoo! BB withフレッツとソフトバンク

大西さんがブログでこんなエントリーをあげてました。

思わずうなってしまうソフトバンクの陰謀? −大西宏のマーケティング・エッセンス


内容はソフトバンクBBがNTTのFTTH(光回線)であるBフレッツの販売を行うという奇行の裏側にあるソフトバンクの考え方についてなんですが、タイトルが如何せん「陰謀」とついてるんですよね。。
陰謀って言うワードはマイナスなイメージしか受けない。

なんでソフトバンクはこういった具合に叩かれることが多いんだろうか。
出る杭は叩かれるという言葉通りだなぁと改めて思った。


前職がソフトバンクなのでどうしても肩をもってしまうが、
自分はソフトバンクはとてもしたたかで賢い会社だと思っている。

自分がいた頃はまさに孫社長がNTTに対して光回線のDF(ダークファイバー)をADSLのように格安で開放すべしと総務省に声高らかに言ってた頃だ。
ユニバーサル回線会社なんて構想を打ち立ててたっけ。

そんな中、ソフトバンクBB社内でBフレッツと勝負できる光回線のカタチを模索していたのもこの頃で、自分はそんな部署にいました。
新しい光回線の企画で、フィールドワーク(エリアテストとか実証実験)とかもよくやったなぁ。。

電話加入権不要タイプ‐ソフトバンクBB

自分転職してしまい、新しい光回線が社内でどうなったか詳しいことは知らないが、
量販店で見ないところを見ると、「そういうことか…」となる。。
(ソフトバンクはやるとなったら一気加勢に攻める)

やはりDFをNTTが格安で開放しない限り、ソフトバンクBBの光回線事業は成り立たないという結論なのだろう。

それを決定付けたのがこのニュース。

続きを読む »

[OTBブログ]お茶の間の中心

情報工学の分野で大学院に行っている大学時代の後輩と、忘年会でホームネットワークについて話したことをふと思い出したのでメモ。


彼の研究室は、某メーカーから出た家庭用ロボット(ペット)を作った方がたてた研究所と共同で研究をやっているようで、話を聞いていると日本では結構先端な感じがした。


今研究していることは、家庭にある家電をネットワークで繋げ、その中心にロボットを置くこと。


そしてそのロボットがすべてを集約し、ロボが入口であり、ユーザとの接点であるということ。


外出先でもケータイやPCからロボットにアクセスすることで家電のコントロールなどが可能であるとのこと。



話していて、数年前を思い出してしまった。


大学で就職活動をしていた頃、家庭用ロボットを出した某社の面接で、同じようなことを熱く語った記憶がある。


当時、リリースされているロボットはただのペットでしかなかった。
こいつに家電操作の機能を待たせて、音声認識で支持を出して家電操作ができれば、外出先から遠隔コントロールできれば、と思っていたし、個人的にも欲しいと思っていた。


あとこれに加えて、ケータイと固定電話の融合であるFMCをここに絡め、帰宅したら自動で固定電話に切り替わり、メールが来ればロボットが知らせてくれる(TVとかに投影してくれたり、音声で読み上げてくれたり)。

またケータイの今日やり取りした情報を吸い上げてくれて、ネット上に保存。
次の日、ケータイを持ち出すときにネット上の情報と同期すれば、ケータイ端末は日替わりでも使用できる…なんてことを思い描いていた。



せっかくある程度定着したロボットをただのペットで終わらせておくのがもったいないと感じていたし、もちろんそのメーカー側にもそういった未来像があるんだと思っていた(だから入社したいと思った)。


それから間もなく、そのメーカーはロボット事業(?)からの撤退を発表した。


そして数年経った今、ようやく研究所レベルでそれが試行錯誤されている。


ずぶの素人学生(しかも文系)でも想像できた近い未来像。


後輩に市場に投入できる時期はいつ頃かと聞くと、まだ10年はかかるんじゃないかとのことだった。


技術的にはすぐにでもできることっぽかったので(あくまでそう感じたにすぎないが)、メーカーが資金を注入して一気にやるぞー!ってなったらすぐできるんじゃないのかなと思ったが…。


後輩に日本のため、オレのために(欲しいから)がんばって早く実現させてねとあまり期待を込めずに声をかけておいた。



イメージで言うと、ガンダムに出てくるハロのようなロボットが欲しいと思う。

[OTBブログ]謹賀新年2008年

2008年明けましておめでとうございます。

AF1_25th

2007年はたくさんの出会いがあり、その出会いにより自分の人生が大きく変わった年でした。

そしてそのほとんどの出会いがネットを介しての出会いでした。

春、藤代さんのガ島通信で知ったOBIIイノベーション合宿に参加したことが全ての始まりでした。

それまでネットはたしなむ程度だった自分にやっと(?)、web2.0の波が押し寄せ、ネットを介して繋がっていくことの素晴らしさ・楽しさに気付かせていただきました。

それからはOBIIやRTCカンファレンスにほぼ毎回参加させていただき、いろんな方々のお話を聞き、また自らの意見も少しずつ発していくことで自分の思い描く像を発見でき、今の自分がいるのだと思います。

OBIIイノベーション合宿から始まったサービス【いいめも】も、今の自分を語るうえで必要不可欠なものとなりました。
世の中にサービスを出し、ユーザーに使っていただき、「もっとこうしてよ」「こんないいめもも欲しい」等々、様々なありがたいお言葉もいただきました。
【いいめも】
は自分たちが使いたいツールというコンセプトでリリースしています。
その思いに共感していただける方がいるだけで我々としては嬉しく思っております。

2007年は本業とのバランスでなかなか時間を割くことができませんでしたが、2008年はもう少し時間を割いて、よりいいメモにしていきたいと思います。
こんなメモが欲しいというリクエストがあれば、どしどしご連絡ください。


そして冬、RTCカンファレンスで出会ったマイネットジャパンの上原社長からお誘いをいただき、マイネットジャパンに転職することになりました。
正式には年明け1月からの入社となります。

今まではITのインフラ部分の仕事をしておりました。ブロードバンドを普及させることで人々を幸せにしていきたいと思っていましたが、今度はwebサービスというソフトの面で、多くの人に幸せを届けていきたいと思っております。



最後に今年の抱負を少し。

まず1つめは、自分のインスピレーションに従って行動すること。
これは前々からずっと言い続けていることですが、自分が出す答えに素直に導かれていこうと思います。

OBII「突き抜けろ限界論」
で、自分のペースで、自分の好きなように、気楽にいけよ、行けばわかるさ!という言葉があり(自分なりの解釈です)、何か背中を押していただけた気がします。

自分に嘘はつかず、インスピレーションに従っていこうと思います。


そして2つめは、PMA。
これはKEMURIってバンドの曲で、Positive Mental Attitude(肯定的精神姿勢)の略です。



けっこう人からは前向きだねと言われますが、実はくよくよしたり、悲観的になったりします。でもそれは一瞬だけにしておこうと思います。

失敗やマイナスなことは、そこから反省して学べばいい。
そして次に繋げればいい。

明日を見て前へ前へ。


そんな2008年でいきたいと思います。

2008年もどうぞよろしくお願いいたします。

[OTBブログ] シャア専用ケータイにみるモバイル事情

シャア専用ケータイにみるモバイル事情

先日、auとソフトバンクモバイルの秋冬新機種の発表がありました。
シャア専用ケータイ

ソフトバンクからはシャア専用ケータイが発表され、話題になっているようです。
テクノラティのブログ登場数もすごいですね。
(しかしコンスタントに300近くあったとは…流石シャア)

過去90日間に書かれた、シャアを含む日本語のブログ記事
テクノラティ グラフ: キーワード「シャア」に関するグラフ
このグラフをブログに貼ろう!

ちなみにガンダムに敏感に反応する世代は20代後半〜30代前半の男性のようです。
http://naokix.iza.ne.jp/blog/entry/359830/


残念ながら、2社の発表で自分の目に付いたのはシャア専用ケータイのみ。。

全体を通じて個性がなくなってきているなというのがまず第1の感想。
わくわくさせるような新しいものが出てこない。

この「新しいもの」って、別に新しい技術のみを指しているわけではない。
今回のシャアがいい例だと思う。

切り口を変えたイノベーションとでも言うのであろうか。
ようはマーケティング戦略の一環。
ターゲッティングってやつですね。

今回のシャアはターゲットが上記のように20代後半〜30代前半の男性。
それが明確に伝わってくる。
ザクのヘッドがプラモなのも納得。ツボをしっかりと押さえられている。

そう言えば、韓国ではサブネームのついたケータイだらけだそうだ。
<IT+の記事>


ミニスカートケータイって。。
そう言えば、最近LGのチョコレートフォンのCM露出が多いですね。


技術のイノベーションは、なかなか難しいのもがある。

R&Dに時間がかかる上に費用もかかる。
端末メーカーにしてみれば、キャリアからの圧力で少しでも安く提供しろとプレッシャーがかかっていることが考えられ、現在のインセンティブが発生する構成上、端末メーカーが1番苦しい存在なのではと思う。

またモジュールやメニューをキャリアで統一した規格を持つことで、コストカット+メーカー間の垣根を取り払おうとキャリアは考えているようだが、これが個性のない端末がどんどん出てきている背景なのではないだろうか。

したがって、逃げ道はシャアの道しかないのかもしれない。
ターゲットを絞った端末のリリースが今後のトレンドとなっていくことが予想される。


と、予想してみるものの、面白くないなと思う。
もっとドラスティックなイノベーションは起きないものであろうか。


昨年のMNP解禁から本日で1年がたったが、MNPを利用したユーザは全体のたった3%にすぎないとのことだ。
<番号継続制1年、携帯乗り換え3%どまり>


実際、自分は時代の流れに逆らってauからドコモにMNPしたのだが
(言い訳しとくと、ソフトバンクはセカンド通話専用で持っているので、ドコモを使ってみたかったから。。)、
正直、auもドコモも大差はない。

auのUIの方が使いやすいが、ドコモのマルチタスクは便利と思ったくらいで、いずれも一長一短である。
ちなみにauのソニエリ端末からドコモのソニエリ端末へのMNPなので、端末メーカー間の使いやすさ云々は変わらない。

そうなってくるとキャリア間での今後の戦略に注目が集まる。
言うもがなソフトバンクは料金路線(ホワイトプラン)ではあるが、auとドコモはどっちつかずなのではないだろうか。

てっぺんのドコモはランチェスター的に言っても、それほど冒険をせず、1つ下のauを蹴落としていればいいのだが(実際ドコモ2.0は全然ダメだったが。。)、auはもっとドコモとの差別化をしていかないとシェア逆転なんてのはあり得ないと思われる。

ここにソフトバンクの5ヶ月連続純増数No.1の理由があるのではないだろうか。
明確に差別化できているソフトバンクに比べ、明確な差別化ができていないauと、結局何もしていなドコモ。


しかしもう3社のみのモバイル市場もいろんな意味で限界なのかもしれない。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

OTBブログ

北村 孝之

Author:北村 孝之

アチラ側とコチラ側を橋渡し。
いろんなところに橋を架け、その橋渡し役という意味でOn The Bridge。
そんな橋架け屋が書き綴るメモ代わりブログ。

将来はビジョナリーカンパニーを創るのが夢。


Recent Entry

RSS表示パーツ

Search

Calender

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

OTBメモ* by tumblr

RSS表示パーツ

連絡はコチラ

OTBブログ Twitter


ememo

HIGEGRAPH


あわせて読みたいブログパーツ

梅酒in


wright bord

PR

/




OTB